MUDDY at fbomh は明日からです。

 

今年はアジサイの季節もそろそろ終わりかなあ。
店内は、夏の元気な色の花がたくさん。

出番を待つ前の器の様子。
フボーさんに、さわやかと言っていただきました。
今年は特に服部が別人かというくらいのイメージチェンジをしたので、初夏のさわやかな雰囲気を楽しんでいただけます。二人合わせて200種類、300点ほど。
お近くの方は、どうぞお立ち寄りください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

MUDDY at fbomh
2021.6.26 sat – 7.11 sun

京都・舞鶴の里山で季節の移ろいや自然を身近に感じながら、日々器を制作しています。染付や白磁、植物の灰釉のものなどを中心に優しい色合いの涼しさを感じられるような器が並びます。
fbomh galleryで花と緑がいっぱいの展示をどうぞお楽しみください。

fbomh
〒669-1322 兵庫県三田市すずかけ台2-5-1
TEL 079-563-6066
10:00―17:00open(最終日は16:30まで)
木曜定休 駐車場約5台

 

 

2021/6/23窯

小さいミルクピッチャー。

フボーさんにずいぶんと前に、「蓋つきのミルクピッチャーとかできないですか~」と聞かれ、そのまま5年くらい経ってしまっていました。
今回、ふと思い出し今さらながら作ってみました。デンジャラス蓋です。蓋の向きを間違えると、くるりんとひっくりかえってしまいます。さらに運が悪ければ、ピッチャーの中に落下。蓋はオマケと思ってください。

真泥展 MUDDY 京都ギャラリーひたむきにて

「真泥 展」
服部克哉  村山朋子

2021/6/30(水)~7/21(水)

京都・舞鶴にて工房「真泥(MUDDY・までい)」を構える服部克哉さん村山朋子さんご夫妻。ご自身でつくられた西洋式薪窯による焼成でしっかりとした作りでありながら、温かくやさしい風合いに心安らぎます。お二人揃っての展示会はひたむきでは3年ぶりです。是非この機会に手に取って、触れて、じっくりとお楽しみください。
【在廊日】服部克哉 7/17(土)

GALLERYひたむき
京都市中京区寺町通御池上ル西側
OPEN:11:00~19:00 ※火曜日定休
TEL: 075-221-8507
http://www.hitamuki.com/
instagram@gallery-hitamuki


ひたむきさんでお久しぶりの二人展を開催していただきます。
私たちが真泥を立ち上げて間もないころから、ご縁をいただきました。お客様もずっと私たちを見守ってくださって、本当にありがとうございます。ひたむきさんで見たよ、ひたむきさんで初めて真泥を知りました、という声を本当にたくさん聞かせていただいてます。
3年ぶりなので、少し新しい真泥を見ていただけるかなと思います。お近くの方は、どうぞお立ち寄りください。

今日は2回目の窯焚き、先ほど無事終了しました。煙突を伸ばしたらやっぱり窯の調子がいいです。猟犬に噛まれた腕も、どうにか薪をくべられるほどには回復しました。明日は抜糸。
窯焚き最後は、息子を高専の寮に送っていかねばならなかったので、服部氏におまかせ。帰ってきたら、あれ、手こずった?もっとはやく終わってると思った。服部は今年は地域の班長(役員)をしているのですが、区長さんが用事でやってきて、集中がとぎれてしまって、ちょっと伸びたらしい。
色々雑事を入れ込みながら、交代で無理なく薪窯をさらりと焚けるようになったもんだなあ。しみじみ。

2021/6/16 窯

この間の土曜日に窯焚きをしました。
ホタルを追いかけたり、バスケをしたり、中2娘のバドミントンの試合の送り迎えをしたりしながら。息子も手伝ってくれたし。服部氏が煙突を1メートル伸ばしてレンガを積み上げてから、はじめての窯焚きだったので影響が心配でしたが、うん、調子は前よりいいみたい。でもでも、前より煙突の引きがよくなったせいか、いつもよりレンガ1丁多くドラフトを開けたせいで還元が強すぎたのか、温度が上がらず3時間ロスしてしまいました。なので、いつもは夜9時ごろ終わる窯焚きが12時過ぎてしまいました。

あー疲れた。次の日の朝は少し寝坊。8時半ごろ起きたかな。猟友会が牧狩りをするというので、マロ(我が家の犬)をその前に散歩に連れていきたかったのだけど。無理かな。ちょっと外に出しとこうかな。あ、猟犬来た。マロを家の中に入れとかないと。とマロを抱き上げた私の腕に猟犬がガブリ。そのあと、マロにもガブリ。5針縫いました。窯焚きのあとだったのがせめてもの救い。

色々あったけど、上りはよかった。服部氏はなんか作るものが変わってきたな。私は注文をこなした窯でした。さてと、1週間後もう一回窯焚きです。噛まれた腕が日々回復しているのでどうにか焼けそうです。

6月終わりからいつもの三田のフボーさんと、3年ぶりの京都のひたむきさんで展示会があります。
お近くの方はぜひどうぞお越しください。

2021/6/26(土)~7/11(日)
「MUDDY at fbomh」
flower house fbomh (兵庫県三田市)

2021/6/30(水)~7/21(水)
「真泥展」
ギャラリーひたむき (京都市)

 

 

MUDDY at fbomh 2021

MUDDY at fbomh
2021.6.26 sat – 7.11 sun

京都・舞鶴の里山で季節の移ろいや自然を身近に感じながら、日々器を制作しています。染付や白磁、植物の灰釉のものなどを中心に優しい色合いの涼しさを感じられるような器が並びます。
fbomh galleryで花と緑がいっぱいの展示をどうぞお楽しみください。

fbomh
〒669-1322 兵庫県三田市すずかけ台2-5-1
TEL 079-563-6066
10:00―17:00open(最終日は16:30まで)
木曜定休 駐車場約5台

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年も兵庫県三田市のお花屋さんfbomhさんで、MUDDY展を開催いたします。
去年の今頃は、恐る恐るの展示会開催でしたが、皆さんに喜んでいただきしみじみ嬉しい展示会となりました。1年たった今も、去年とあまり変わることのない状況というのが不思議な気もします。世の中は随分と変わってしまったように言われたりしていますが、私たちの思いは同じです。日々の暮らしに潤いを、楽しみを、ホッとするひと時を。今年は前よりちょっと柔らかめになったかな。包容力のある器を目指して、制作しています。

 

倉敷の喫茶シャロン

今週末は、「フィールドオブクラフト倉敷2021」の予定でしたが、残念ながら中止になりました。
でも、うれしいことに岡山で器をご紹介いただいてます。二つともクラフトフェアがご縁のお店です。岡山津山のさしこうさんの本店グランドオープンフェア「初夏を彩る3人展」に参加しています。5月16日(日)までです。

そして、倉敷の喫茶シャロンさんで器を使っていただいています。店主の石川さんとの出会いもクラフトフェアです。ちょっと店主さんが多才すぎて、よくわかってないのですが、うり坊舎さんもされてます。そして、シャロンさんの家具は自作だそうです。居心地のよさそうな場所です。

岡山は「フィールドオブクラフト倉敷2021」がきっかけで、より身近になったのですが、本当に豊かな土地です。海も、山も、産業も。そしておしゃれ。皆さんゆったりとしていて余裕があります。時代に流されることなく、でも時代の流れには敏感に。そして手作りのものをとても皆さん愛して下さる。
秋には倉敷美観地区の日本郷土玩具館プラスワンギャラリーさんで個展も開催予定です。

クラフトフェアも中止になったし、コロナで外出できないし、子供たちも大きくなって手がかからなくなったし、そして何よりも、さしこうさんやらシャロンさんが家具や住まいがテーマなのに刺激を受けて…、我が家もホッタラカシだった離れの2階をどうにかすることにしました。ラジオを聴いていたら、これから世界は木材ブームで、材木が手に入りにくくなるぞということだったので、とりあえず今日は2トンロングトラックをレンタルして近隣のコメリの床板を買い占めました。あやしい音楽室と図書室にする予定です。楽しみ!

 

「フィールドオブクラフト倉敷2021」は中止になりました。

さてと、最近はいいお天気続きです。
服部氏は窯の煙突をレンガを積み上げ高くし、新しく手に入れたSTIHLのチェンソーで廃材を窯用サイズに切りそろえ、今年一年分の薪の準備ができました。

私はお風呂場の壁のペンキを塗りなおし、家の廊下の汚くなった壁のペンキを塗りなおし、そして窯小屋の屋根のペンキを塗りました。ペンキ塗り好きかも!!

お出かけにはもってこいの季節なのですけれど、今年も5/15(土)、16(日)に開催予定でした「フィールドオブクラフト倉敷2021」は中止になりました。3月終わりの窯焚き後、シュミレーションしてみたのですが…。隣の家からはバーベキューの匂いが漂ってきて、よい匂いをおかずに昼からビールををいただいたりして、やっぱり屋外フェアは気持ちいいなあと妄想にふけっていたりしたのですが…。

残念ですが、この春はこんな思いをされている方ばかりだと思います。まだまだ続きそうですので、しぶとく、ゆっくりやっていきます。
岡山北部の方は、津山のさしこうさんの本店グランドオープンフェア「初夏を彩る3人展」に参加しますので、ぜひどうそ。さしこうさんの広い店舗で素晴らしい家具たちに囲まれると、きっと幸せな気持ちになれます。自分好みの部屋の妄想をするのは本当に楽しいです。我が家は倉敷の「野の」さんみたいなキッチンにしたいなあ。

 

 

床の間をぶち抜いた。

数年前の自宅おひろめ展の写真です。
右奥の床の間、ご注目ください。

昨年はこの時勢のため、自宅おひろめ展を開催しませんでした。この感じですと、ここ数年は難しそうです。

我が家にとってここは居住スペース。子供たちが大きくなるにつれて、プライベートスペースも必要になってきて、1年に1度のおひろめ展のためだけに、居住スペースをフラットな状態に保つのもしんどいなあと思っていたところでした。昨年は子供たちがオンライン授業や、自宅学習になったので、高専生と中学生になった子供たちは、自分の部屋で過ごすことが多くなりました。右奥の部屋、中学生娘の部屋になりました。

床の間の向こうは、我が家にとって、一番日当たりのよい南側。ウッドデッキもできて、グダグダ日向ぼっこをするのです。ここが窓やったらなあー。明るくなるやろなー。

決めました。床の間をぶち抜きます。大工さんに頼みます。戸は、由良川の氾濫で引っ越しをされた家のものをいただいて。とても明るく気持ちの良い部屋になりました。

ちょっとびっくりしたのは、床の間をぶち抜くといったら、何人もの人から、えっ?床の間を?と言われたこと。皆さんの家の床の間はどうですか。物置になってませんか。なってるけど。ですよね。

 

 

大阪堺市sizukuさん「服部克哉 村山朋子 二人展」、ありがとうございました。

堺で開催されておりました、「服部克哉 村山朋子 二人展」が無事終わりました。
お店に足をお運びいただいた皆様、webでご注文くださった皆様、そしてsizukuさん、ありがとうございました。
今回は本当に久しぶりに在店し、お客様やsizukuさんとお話しできて、また次あれ作ろうかな、これ作ろうかなとたくさんヒントをいただきました。とても大事な時間なんだなあと改めて感じました。

さて、舞鶴では、先日の窯が焼きあがりました。今回はお皿ぎっしりです。
ご注文いただいている皆様に順次連絡しております。

半年ぶりくらいにちょっと一息ついています。障子の張替もしました。ヘシコも漬けました。味噌はこれから。
息子が寮に戻る前に、一緒に経ヶ岬も行ったし(丹後半島はじめて1周しました。)笹山ユニトピアで4年ぶりくらいにアスレチックもしました。なかなか、遠出は難しいですが、ちょっと近所の気になってたお店に行ったりするのなんかも、楽しいです。sizukuさんもそんなお店です。ご近所の方が、ちょこっと寄ってくださる。在店のとき、sizukuさんとお客さんのそんなやりとりを聞いて、いいなあと思ったのでした。

 

「服部克哉 村山朋子 二人展」 大阪堺市sizukuさんにて開催中です!

服部克哉 村山朋子 二人展

2021.3.20(土)~4.3(土)  11時~17時
会期中のお休み 3/24,28,29,30

sizuku
〒590-0134
大阪府堺市南区御池台2-5-18
TEL 072-220-9685
https://sizuku.info/
https://www.instagram.com/sizuku2518/\

——————————————————————————–
大阪堺市のsizukuさんで二人展開催中です。
たくさんの素敵な写真で、器をご紹介くださってます。
instagramをぜひご覧ください。
明日から3日間のお休みですが、きっとwebshop販売の準備をしてくださるのだと思います。
sizukuさんからのご案内をお待ちください。

さて、こちらは初日のsizukuさんの在店から舞鶴へ戻り、休む間もなく次の窯の準備に追われておりましたが、やっとこ今日窯焚きをしました。先ほど無事に終了。51回目。手の内に入ってきたかな。窯焚きになると、薪をくべる間に、ここぞとばかりに本を読む我が家です。私は司馬遼太郎の信長、秀吉、家康をようやく読み終えました。そして、勢いで城山三郎の渋沢栄一。どうも、最近戦国や幕末の世相に今の時代は近いのではと思うことしきりです。世界的にも変化のときなのかも。面白い時代です。
私には、焼き物の師匠というべき人もいないし、何か特別な想いのある先達もいない。この間いつも聞いているastation(ラジオ)の金曜日の番組「Chocolat & Akito」でトークのテーマが「尊敬する人?」だったとき、Akitoさんが、「先輩よりも今の若い人たちに刺激を受けることが多いかな、僕の若いころよりもすごく考えてるし」、と言ってたのに私もと思いました。若い人たちが世を変えていくときなのかもしれません。本人たちが望もうが望むまいが、仕組みが変わっていく…。
昨年の秋から続いていた休む間もない製作も、ちょっと一息かな。障子の張替したいです。