月別アーカイブ: 2020年8月

2020/8窯

去年、忙しくて梅干を作らなかったら、1年梅干しが恋しくて恋しくて。今年は忙しくても絶対梅干し漬けるぞ、と思っていたら、たくさん梅をいただきました。全部で8キロくらいかな。ずーっと晴れだし、いつでも大丈夫とと思って、ちょこちょこダラダラ今日も干してます。

近所のみんながあの日は暑かったという3日前、残酷暑の中、窯焚きをしました。
今日は子供の中学校の美化作業だけど、アルミ缶回収だけ参加して、グランドの草引きは相方に任せて、一人で窯出し。
まず蓋を開けて、ざーっとみる。
おっ、いい感じだというのをとりあえず見つけます。
この瞬間が一番楽しい。

豆皿箸置、駆馬柄かわいいかも。
服部の青まきは今回しっとり。御本手のほのかなピンクが夕焼け前の空のよう。
公民館の陶芸教室の作品もいい色。

さて、今回は暑かったけど余計なことはせず、集中して丁寧に焼いたので、還元も釉薬の溶け具合もとろんといい感じです。地味に新作たくさんアリです。相方に今回女子力高めだねと言われました。私もようやく女子と認めてもらえたのでしょうか。

今回のお気に入り。

最後に、あ~、釉薬全部流れてしまったー。プラマイマイナスの気分の窯上げとなりました。
いつか、いつか、よっしゃー100点という窯上げをしてみたい・・・。

今から、9/5(土)~9/20(日 )に東急ハンズ名古屋店9F 時トクラス(名古屋市) さんで開催していただく催事の器を選びます。秋柄、多めです。

 

 

集中力

最近のお気に入りの場所。ハンモックでゆらゆら。ピザ窯には屋根もできて、周りにはウッドデッキもできました。全て服部作。7年ほど前にもらった足場板、ようやく使えました。暑い中、すごい集中力。2日で終ってた。「お父さん、焼き物よりこっちの方がすごいんちゃう」、と息子。

さて、高一と中一のお年頃な子供たち。自分の部屋にこもりっきり。特に中一女子。西日の当たる部屋で、外から見えるのが嫌で障子を閉めて、扇風機だけで。家の前なんて鹿ぐらいしか通らんのに…。生きとんかな? ちょっと話しかけるだけで、ウルサイといわれます。最近、朝起きてすぐ自分の部屋に掃除機かけることにしているらしく、隣の部屋で、まだ兄が寝ていても、ブーンブーン。なのに、兄が昼間にちょっとピアノを弾いただけで、ウルサイ! そういう年頃なんかな。ほんでも腹立つわ。
昨日のお昼ご飯にサンドイッチ食べてて、私たちは、parisatsukoさんレシピのバジルシロップソーダ飲んでたのだけど、臭いというので、
「でも、なんか飲んだら。暑いし。パン喉つまらへん?」
「ほんま、お母さんってウルサイナ。AB型は、考え事しとるときに、話しかけられたないん。」
「そんなん、ご飯食べとるときに考え事しとるってわからへんやん。考え中、話しかけるな、ってハチマキでも巻いといて。」
ったら、あっという間に食べ終わって、また、酷暑の部屋に戻って行った。宿題の体育祭のポスターを考えているらしい。絵を描くのが大好きなので、気合いの入り方が違う。暑さとか気にならないらしい。あ~、私も話しかけられたらウルサイと思えるくらい、器のことに集中せねば。頭の中、暑いーばっかりやもんな。うらやまし。

 

残暑お見舞い申し上げます。

残暑(だといいのですが・・・。)お見舞い申し上げます。
毎日暑いです~。外飼い犬なはずなのに、ひたすら家にいてのびている我が家のマロ。恥ずかしい姿ですみません。

次男三男の家に生まれた、一人っ子の私たち夫婦、遠く離れたところにお墓はあるけど、親戚が集まる家は私たちにはありません。ということで、お盆は仕事、仕事! だいぶん暑さにも身体が慣れてきたみたい。
9月の東急ハンズ名古屋の時トクラスさんでの展示は、季節感を出せるものをとのことでしたので、秋らしい柄を絵付けしてます。新しい柄を考えるのは久しぶりな気がします。秋草の絵付けをしてるだけで、少しは暑さも忘れるかも。今は和な感じがマイブーム。秋って、日本ならではの季節感かも。今までの柄も秋バージョンで。

有田の窯業学校以来の、真面目な定番の和柄や、ちょっと変な感じの絵付けも。
付け高台というのも初めてやってみた。とりあえず乾燥のタイミングがコツだということが分かりました。本焼きしてみないとわからないけど、意外に磁器でも接着ってできるかも。ろくろではなかなか難しい底の広いドラ鉢みたいなのも接着して作ってみました。うまくいくといいけどなあ。

ナデシコ、まあ昔のものの写しですが。裏面はトンボにしてみた。
水墨画教室で、桔梗や撫子、ススキやつゆ草、ホトトギス、菊も描いたなあ。通い始めて5年ほどになるでしょうか。野の花が好きです。小さい花が好きです。

早く、涼しくならないかなあ。

 

 

 

鶴の二声

私も服部も、何がしたいと主張するタイプではないと自分では思っています。
ただ、したくないことはわりとたくさんあってそれは回避する人生を送ってきたような気がします。つまり、人から言われると嫌でないことだったらするってこと?

私の父からの声。
服部がパンを焼くのにハマっているのを知って、「梅雨が明けたら、ピザ(パン)窯作ったら。」
でも~仕事もせんなんらんし~。どうしよ~。サクミ(息子)に聞いてみようか。ピザ好きやし~。手伝ってくれるかな~。
「ピザ窯作ったら、っておじいちゃん言っとってんやけど~?」
「え~、作ったらええやん~。」

はい、作ります!

一日でここまで。
はやーい!


そして次の日の午前中で土を盛って。はやーい!
夕方からは、海!
お隣宮津市の由良浜。
夕方平日は、貸切~!

ちょっと、楽しみすぎかもです。
なんだか私の人生は、周りから決まっていくのかも。流されまくりです。