カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

『アンティークを想う』6人展 京都rikkaknotにて

『アンティークを想う』6人展

艶やかな翡翠色にうかぶレリーフ

サックスブルーで描かれた 華奢な線を指でなぞる
細やかな装飾は まるで手の込んだレースのよう

時を経ても変わらず美しいもの
そんなアンティークの佇まいに憧れて

【会期】
2022.1.22 [sat] 〜 1.30 [sun]
open 12:00~18:30
( *会期中のお休み 1.24 [mon] / 25 [tue] / 26 [wed] )

※1.22 [sat]終日 / 23 [sun]15時まで、事前予約優先
↓↓↓予約専用ページURL ( *1.15 [sat] pm12:00~ 受付開始)
https://airrsv.net/rikkaknot-reserve/calendar

【OnlineShop】
会期後OnlineShop掲載予定(販売状況により変更有)

【作家】
穴山大輔(翠窯) @suiyou_2013
穴山文香(翠窯)
大井寛史 @hiroshi_o_i
大井萌子 @moekoi
高島大樹 @daiki_takashima *1.22 [sat]在廊予定
村山朋子 @muddy.blues

【会場】
Rikka Knot(リッカノット) うつわ・こまもの屋
京都府京都市中京区蛸屋町165-1
guestビル2階イースト

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

22日から京都rikkaknotさんでの展示会に参加させていただきます。
2022年初展示ですが、焼いたのは去年です。
12月から3月ごろまでは、舞鶴は寒さが厳しく、窯焚きをするのにはとても大変なため、佐賀県からこちらに引っ越してきてすぐ、あ、冬は窯焚きをしないことにしようと決めたのでした。年によっては暖かく雪もないため、窯焚きができそうな時もありますが、今年は無理でした。去年焼いといて本当によかった。年末に積もった雪がまだまだ溶けず、昨日からも雪。
同じ京都なのに、京都市内と舞鶴は別世界です。
そのため、去年のうちにrikkaknotさんより「アンテークを想う」というテーマを教えていただいて、器を選んだのですが、あれ、もしかして洋風寄りのイメージでした? 私、和風寄りで選んでしまいました。そして、勝手にアンティーク=骨董と思ってしまって、灰をかぶったり鉄粉があったりしたもの多めで選んでみました。ちょっと雰囲気をかき乱してしまっているかもです。

rikkaknotoさんは本当に素敵な写真と文章でいつもご紹介くださいます。
お店もとても落ち着く空間です。ああ、京都やなあと思います。
会期後は、onlinshopでも販売くださる予定ですので、お楽しみに。

 

 

おひろめ展につきまして

皆様に楽しみにしていただいております、自宅工房で毎年開催していた「おひろめ展」ですが、今年も開催はしないことにしました。
しかし、ありがたいことに、お問い合わせがあったりしましたので、12月中は、蔵のギャラリーと離れの一室に器を並べ、ご覧いただけるようにしました。
お越しいただく際はご連絡いただけますと、ありがたいです。
ワケアリお買い得品、たくさんあります。

連絡先
tel/fax 0773-60-1096
mail@muddyblues.com

2021/11窯二回目

 

窯焚き2回目終わっています。

MUDDY 服部 克哉 村山 朋子 陶展「 暮らしを彩る うつわ 」
12.4(土) – 12.19 (日)
un jour marche & maison un jour
静岡市葵区茶町1丁目27-1

Gifts for yourself  私への贈りもの展Ⅴ
12.4(土) – 12.12 (日)
うつわと暮らしの雑貨屋Mallow
大阪府 吹田市竹見台2-6-6

クリスマスと迎春の準備展
12.4(土) – 1.10 (月)
京都 おうち
平安神宮店/京都市東山区堀池町373-45

での展示会でご覧いただけます。

 

MUDDY 陶展 「 暮らしを彩る うつわ 」 静岡maison un jourにて

MUDDY 服部 克哉 村山 朋子 陶展
「 暮らしを彩る うつわ 」

2021年12月4日 (土) – 12月19日 (日)
11:00 – 18:00 ( 最終日は17:00まで )
会期中のお休み 12/7(火)・12/14(火)

静岡市葵区茶町1丁目27-1
un jour marche & maison un jour

今年で9回目となるMUDDY展。京都府舞鶴の自然豊かな土地にて日々、土と向き合い ひとつひとつ丁寧に作陶されているMUDDY(マデイ)のお二人。
.オリジナルの土、釉薬を使用した、西洋式薪窯焼成によるしっかりと焼き締まった器やカップ、花器などが並びます。
毎年楽しみしてくれている方も多いMUDDY展。
みなさまの日々を彩り、暮らしを豊かにしてくれるお気に入りに出合えますように。
※入店前の手指消毒、店内はマスク着用、お客様同士は適度な距離を保ってお楽しみください。

真泥 MUDDY
http://muddyblues.com

ーーーーーーーーーーー

もう9回目にもなるんですね。お客様、unjourさま、ありがとうございます。
本当にMUDDYの初期のころから毎年みていただいているので、一番の緊張感です。新しいものをつくらねばと意識しているわけではないのですが、1年間それなりに頑張っていると、この時期unjourさんに荷物を送るときに、ああ、これは去年なかった器だなあ、少しは成長したかなあと、ちょっと振り返りモードになっています。

一昨日窯出しをしていたら、近所のおばあさんが通りかかって、ちょっとのぞいて、「ああ、きれいやなー。」って言ってもらいました。その後中学生娘が、学校から帰ってきて、さーっとみて、ワケアリ品の中から物色して選んでいきました。
見て楽しんでもらえるのが嬉しいです。選ぶのを楽しんでくださっているのをみると、やったーという気分になります。
今年のMUDDY展はどうでしょうか?
残念ながら今年も在店いたしませんが、皆様に楽しんでいただければと思います。

 

 

kahahori(東京・吉祥寺)さんでの「MUDDY 真泥 陶展」 5日(日)まで延長していただきます。

kahahoriさんからのお知らせです。

会期延長のお知らせです。開催中の服部克哉さんと村山朋子さんの二人展ですが、好評につき12月5日(日)まで会期を伸ばすことになりました。

MUDDY 真泥 陶展
服部克哉 村山朋子

2021年11月20日(土)– 12月5日(日)※会期延長
12:00-19:00 11月30日(火)休

※ 通販は 店舗インスタグラムDM、もしくは電話(0422-90-7081)にて承っています。
気になるものがありましたら
お気軽にお問い合わせください。

ーーーーーーーーーーーーー

今までにお越しいただいた皆様、ありがとうございます!
もう1週間延長していただくことになりました。
井之頭公園の紅葉もそろそろ見ごろでしょうか。どうぞ紅葉狩りと一緒に秋の一日をお楽しみください。

 

2021/11窯一回目

優しい感じに焼きあがりました。
20日からのkahahoriさんでの展示に出品します。
二人合わせて400点ほどになる予定。
関東地方ではなかなか展示の機会が少ないので、お近くの方はどうぞ足をお運びください。

 

「MUDDY 真泥 陶展」 kahahori(東京・吉祥寺)にて

「MUDDY 真泥 陶展」

2021/11/20(土)-11/28(日)
12:00-19:00 会期中無休

京都府舞鶴に、真に泥からうつわを作るという意で名付けられた陶磁器工房「MUDDY 真泥」、自製の西洋式薪窯によるうつわはしっかりとかたく焼き締まっているのが特徴です。
舞鶴周辺の土にこだわり、ヴィンテージ感もありながら生活に馴染む服部さんの陶器と、柔らかな描写と手当たりの良さが魅力的な村山さんの磁器たち。逸品が一堂に会するこの機会にぜひ足をお運びください。

kahahori
〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-6-5
クロケットハウス1F
TEL 0422-90-7081
instagram@kahahori

※通販は11月22日(月)正午より店舗インスタグラムDM、もしくは電話(0422-90-7081)にて承ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

吉祥寺の kahaori さんでの展示のお知らせです。
Kahahoriさんと最初にお会いしたのは、数年前の倉敷のクラフトフェアです。お店をオープンしたばかりとおっしゃっていた記憶が。その時に名刺をいただいて、それから2年ほどして東京に行ったときにお店にお伺いしました。その時の器の品揃えが素敵で、とても私ごのみでした。(私目線ですみません。)それから、また1,2年過ぎ、次は京都の五条坂の陶器祭りでお会いしました。その時に服部と二人で展示会をと言っていただいたのです。思えはずいぶんと、ゆっくりとしたお付き合いです。kahahoriさんのお客さまも、皆さんそんなゆったりした方なのかしら。始まる前からホッとしてます。
吉祥寺は思い出のある懐かしい街です。どこかしら温かさを感じる街。
今回は残念ながら在廊はいたしませんが、懐かしいようで、でも初めての場所で器を見ていただけることを嬉しく思います。私たちの器は吉祥寺に受け入れてもらえるのでしょうか。

明日は展示会に向けて窯焚きです。風が吹きませんように。

 

10月12日(日)まで延長していただいております。

「MUDDY真泥 村山朋子陶展」日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー」には、たくさんのお近くの皆様にお越しいただきありがとうございます。
26日までだったのですが、10月12日(日)まで延長していただいてます。
10月からは宣言やらマンボウやらすべて解除になりました。会期中に来られなかった方、美観地区を訪れている方、この機会にぜひお立ち寄りください。大原美術館も開館されるそうです。気持ちの良い季節です。

こちら、今日の息子晩飯は麻婆豆腐。

京都stardustさんオリジナルのキャセロールで茄子のトマトソースグラタン。ご近所さんに茄子をいただいたので。こちら私作。土鍋土すごいです。一瞬でチーズに焦げ目がつく。

その後はカラオケMUDDY? (何かよい名前を考えないと。)
子供たちがちょっと行ってくるわと、あの離れの二階です。床板の柿渋がいい感じ。岩本亀太郎商店さんのH-1です。草木染工房更紗の森口さんに教えていただきました。
音楽の秋です。

 

「MUDDY真泥 村山朋子陶展」日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー」 始まります!

今日から始まります!
今回も、いつものウィンドウです。

「MUDDY真泥 村山朋子陶展」

2021年9月11日(土)~26日(日)
11:00~16:00(最終日16:00)会期中無休

佐賀県有田の伝統的技法をもとに、西洋式薪窯で焼成した器を制作しています。
京都・舞鶴の里山で季節の移ろいや自然を身近に感じながら、優しい温かみのある器づくりを心がけています。日常使いの器が約300点並びます。皆様のお越しをお待ちしております。

日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー」 
〒710-0046
岡山県倉敷市中央1-4-16
TEL 086-422-8058

いつも、搬入はスタッフの皆さんに手伝っていただいて、一緒に並べます。
今回も倉敷に行って、展示してきました。2年ぶりの倉敷です。全部で380点ほどになりました。
写真がいまいちですみません。
お近くの皆様に楽しんでいただけると嬉しいです。

今回は、残念ですが在廊はなしにしましたので、日帰りとんぼ返りの倉敷でした。でもどうしても行きたかった、喫茶シャロンさん。倉敷教会内にある喫茶店です。搬入前にお伺いしてきました。私の作った器を使っていただいています。雰囲気も素敵ですが、家具も店主さんの自作。コーヒーも、ちょっと今までいただいたことがないような印象深いお味でした。甘いフルーティーな。でもコーヒー。家具もコーヒーも一つ一つを丁寧にという仕事ぶりが伝わります。適当にちゃーっとやってしまう私には、染み入ります。

 

「MUDDY真泥 村山朋子陶展」倉敷日本郷土玩具館プラスワンギャラリーにて

「MUDDY真泥 村山朋子陶展」

2021年9月11日(土)~26日(日)
11:00~16:00(最終日16:00)会期中無休

佐賀県有田の伝統的技法をもとに、西洋式薪窯で焼成した器を制作しています。
京都・舞鶴の里山で季節の移ろいや自然を身近に感じながら、優しい温かみのある器づくりを心がけています。日常使いの器が約300点並びます。皆様のお越しをお待ちしております。

日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー」 
〒710-0046
岡山県倉敷市中央1-4-16
TEL 086-422-8058

【新型コロナウイルス感染症対策期間の営業について】
情勢を鑑み営業時間を短縮する場合もございます
現在の営業時間はTOPページのお知らせ欄をご確認ください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1年おきに開催していただいている倉敷の日本郷土玩具館さんでの展示会も4回目になります。
長いご縁に感謝です。
プラスワンギャラリーさんの蔵は本当に立派で、比べるのも失礼なくらいなのですが、真泥にある蔵と雰囲気が似ていて、展示風景がとても想像しやすいのです。
私は古民家で育ったのですが、身体がその感覚を覚えていて自然と要求するのか、今までずっと、築ウン十年とたった家でしか生活したことがありません。倉敷の街は、私の肌感覚でとても素になれる街です。あまり色々考えることなく自分が好きなものを作ってもしっくりきます。
今回も制作を楽しまさせてもらっています。
なかなか出かけにくい状況ではございますが、お近くの方に楽しんでいただければと思います。

 

もののけ姫、のその後の心境。

アシタカは蝦夷がモデルということで、今まで食わず嫌いだった東北地方を学びたいと思います。私の母方の祖父は秋田県出身、祖母は長崎県出身、二人は東京で出会いました。祖母のルーツの五島列島には行ったりして、佐賀県有田に住んでいたりして身近なのですが、祖父のルーツは祖父の親戚やらなんやらがあんまりよい印象がなかったのです。でも、九州と東北はつながっているのかも。とりあえずは、図書館で高橋克彦さんの「炎立つ」を借りてきました。別冊太陽「アイヌをもっと知る図鑑」も。日本列島の都道府県、西日本はすべて行ったことがあるのですが、東日本行ってないところがたくさん。訪れてみたいです。

そして、私が住む舞鶴の原谷。
牧狩りがいったん中断していましたが、再開されるそうです。
次は、猟犬ではなくドローンを使って犬の声で鹿さんを追い立てるそうです。うまくいくのか興味津々です。