月別アーカイブ: 2019年4月

白雲窯 instagram

白雲窯は私の親の窯です。
私が4歳のときに京都市内から綾部市に移り、それから焼き物やとして生計をたててきました。
私は高校卒業後一人暮らしを始めてから、やっと、自分の親がちょっと変わった人たちだということに気づきました。
私が高校3年の2月まで我が家にはテレビがありませんでした。なぜ?いまだに疑問です。テレビが全盛期の時代に我が家にはテレビがなかったのです。あと一日で平成も終わりですが、私にはあんまり関係ない。昭和の終わりもテレビがなかったせいで、知らずに凧揚げしてましたから。時代の流行りというものと無縁の子供時代を送りました。
それが今や、わが親は、毎日テレビの日々を過ごしています。その上にパソコンも。そしてついにタブレットもスマホも。
そしてなんと、母がinstaを始めました。私も興味深々。
面白い人たちです。気になった方は、ぜひ綾部にも訪れてみてください。

 

 

・room・の感謝祭 5/11(土)-31(金) 神戸・須磨

・room・の感謝祭 5/11(土)-31(金)

・room・
〒654-0048
神戸市須磨区衣掛町4-2-12 2F
最寄駅→JR須磨海浜水族園駅
tel 078-736-5227
mail room@olior-life.com
insta @w.w.olior
web http://olior-life.com/

 

毎年、フボーさんで一緒に展示をさせていただいた、wood work olior. 婦木さん。
今年は須磨のご自身のショップ・room・で感謝祭をされます。
夏に神戸から篠山に拠点を移されるそうです。
MUDDYを始めたころからお世話になっている婦木さん夫妻。
・room・での最後の企画展に参加させていただきます。
こちらにはフボーさんも出展されます。盛りだくさんの楽しそうな展示ですね!
ぜひぜひ、皆さまお越しください。

 

 

 

Muddy Blues From Bottom Of My Heart

Muddy at fbomh
2019.5.25sat-6.9sun

今年で5回目となるフボーさんでの展示。今回はMUDDYの単独展となります。
花器、食器を中心に様々なうつわが並びます。
風薫る季節、お立ち寄りいただければ幸いです。
在廊日  5.25sat  , 6.9sun

〈MUDDYの手びねり教室〉
6.9sun  13:30スタート(所要時間1時間30分程度)
定員5名 参加費¥3000(税抜)※予約優先
粘土500gを使って自由に制作していただきます。
(小さめのカップやお茶碗2個程度)

flower house fbomh
〒669-1322 兵庫県三田市すずかけ台2-5-1
Tel / Fax 079-563-6066
open:10:00 close:17:00
(※展示最終日は16:30まで)
定休日木曜日 駐車場約5台
http://fbomh.seesaa.net/
https://www.instagram.com/fbomh_official/

Muddy Blues From Bottom Of My Heart
なんだか歌詞のワンフレーズのようです。
Muddyには泥という意味があります。焼き物は泥からできています。真の泥から器を作るという思いでMuddy真泥(までい)とつけました。
そして、敬愛するBlues man  Muddy Water からもMuddyをいただいて、Bluesの精神のように泥まみれになって働く毎日の労働の中から、美しいきらめきをという思いもこもっています。
fbomhさんにお店の名前の由来を聞いたとき、心にズンときました。
From Bottom Of My Heart から fbomh 。
そんな熱い想いがこもっている名前とは!!!

去年好評だった、手びねりワークショップも開催します。
ご予約はフボーさんまで。

フボーさんは、いつも私たちのMuddy Bluesを奏でられる場所です。
美しい植物の中にあう器を作りたいなと思います。

 

 

フィールドオブクラフト倉敷2019 5月11日(土)12日(日) に出店します。

フィールドオブクラフト倉敷2019 5月11日(土)12日(日) に今年も出店いたします。
倉敷市は昨年夏の大による大災害があり、今まで何度も倉敷にはお世話になっているので他人事とは思えませんでした。
数年前にこのフィールドオブクラフト倉敷に出店させていただいたことがきっかけで、今にいたるのかもしれないと思うと本当に私にとっては特別な街です。
秋には美観地区の 日本郷土玩具館プラスワンギャラリー で三回目となる個展も開催していただきます。
今年もいっぱいいっぱいですが、製作現場を感じていただけるようなブースにしたいと思っております。今年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

5月半ばごろまで自宅工房ギャラリーをCloseします。

舞鶴の桜のシーズンもそろそろ終わり。お出かけ日和の気持ちのよい春の日が増えてきました。
そんな中ご迷惑をおかけしますが、窯焚き準備のため自宅工房ギャラリーをお休みします。
いよいよ春の窯焚きも目前に。絵付け作業の追い込み中。

今後の予定

2019/5/11(土),12(日) フィールドオブクラフト倉敷(村山朋子) (倉敷市)
2019/5/11(土)~5/31(金) 「感謝祭 7人の作家 作品展」(服部克哉 村山朋子)
・room・ (神戸市)
2019/5/24(金)~6/9(日) 「MUDDY展」
flower house fbomh (兵庫県三田市)
2019/6/1(土)〜18(火) 「染付の器」企画展 (村山朋子)
ぶどうのたね (福岡県うきは市)

それぞれの展示についてはまたお知らせいたします。
それでは、作業に戻ります。

 

 

 

heritage ヘリテージ

3月の終わりの九州への旅の最後に、福岡県福津市の heritage ヘリテージ さんを訪れました。
ヘリテージさんは建築設計事務所 であり、 オーダー家具 も製作されていて、店舗では アート&クラフトの販売もされています。お店では昨年夏より、私の器をご紹介くださってます。
ヘリテージさんの素敵な写真をみて、ぜひ訪れてみたいと思っていました。
おぉ!本当に素晴らしい建物でした。細部のこだわりと、全体の調和が素晴らしかったです。建具なども全てご自分で製作されたそうです。熱い熱い想いを感じることができました。
今の建物でこんなに感動したのは初めてです。建物の外側もお店もとても素敵でした。

そして、この素敵な空間で服部の器も取り扱っていただけることになりました。
たぶん私が思うに、ヘリテージの岸野さんと服部は好きなこだわりどころが結構似ているのだと思います。服部の器はヘリテージさんの空間にピッタリでした。

やっぱり好きなことだと手間ひま惜しまず情熱が注げるのですね。私もそんな情熱が注げることをひとつひとつ増やしていきたいなあと思いました。

ヘリテージさんでは、楽しそうな企画も色々開催されています。「自然素材とここちいい暮らし」ただの言葉だけではなく、生活の芯の部分から大切に大切に暮らされているのが伝わりました。
訪れると幸せな気持ちになる場所です。